万が一の為のエステのクーリングオフの方法教えます。

万が一の為のエステのクーリングオフの方法教えます。

今回は、仙台のサロンで全身脱毛コースに申し込んだものの、何らかの事情により途中解約したい人の為にクーリングオフの方法を教えて頂けますか? そうですね、人によってはなんだか薦められるままに全身脱毛コースを契約してしまい、途中解約したい人もいるかもしれません。 せっかくきれいになりたいから契約したはずが、望まない契約をしてしまったのでは、本末転倒ですよね。 クーリングオフは ■契約期間が1カ月以上かつ契約金額が5万円以上の場合 ■契約書締結後、8日以内であることかつ契約書にクーリングオフができると記載されていること ■街中で声をかけられその日に無理やり契約させられてしまった、などというキャッチセールスの場合にできる となっています。 電話での申告ではなく、必ず書面で契約解除の申し出をすることが必要です。 クレジットカード決済や、ローンを組んだ場合は信販会社への手続きもあわせて必要になります。 書面でのやり取りは、証拠を残すという意味で配達記録にすることに注意してください。 出来るだけクーリングオフなどをしないで済むようにしたいモノですね。 その為にも、顧客満足度が高いと評価を得ているエステを選ぶというのが重要かもしれません。 また、倒産のリスクなどを考えるとどういったエステの選び方をすればいいのでしょうか? 優良エステではクーリングオフができないなどのトラブルはまず聞かないですね。 数年前では悪徳エステとのトラブルが多発したり、脱毛エステの倒産も社会問題になっていましたが、最近ではずいぶん無くなり、一部のエステに限っています。 一括で支払いをした方が、返金してもらえなかったり、クレジット決済でも支払が続いたりというケースがあり、泣き寝入りした人もいました。 そのため、消費者センターが動くほどで、今はどこのサロンもクーリングオフ、解約、返金制度に対応する体制ができていると言えます。 しかし、中にはその制度をよく理解していないままに契約し、対応が悪いであったり、返金してもらえないという人もいます。 その制度が自分にとって納得できるのか、クーリングオフできるかどうかだけでなく、きちんと理解してから契約をすべきです。 契約時は、契約書をしっかり読むこと、安心できるサロンであることなど確認することが必要ですね。 契約する際のエステ選びが何よりも重要と言う事ですね。 店舗数が少ない小規模なサロンを選ぶよりも、全国展開しているサロンの方が安心であるという意味も理解できました。 しっかりと安心できる優良エステを選ぶように気を付けましょう。