ムダ毛処理 カミソリ負け

ムダ毛の処理でカミソリ負けしたくない!

カミソリでムダ毛を処理したときに、お肌が赤く腫れてしまったり荒れてしまうので悩んでいる人は意外と多いようです。

 

綺麗にムダ毛をカミソリで処理したとしても赤く腫れていたり肌荒れしている状態では見た目はよくありませんよね。

 

今回はそんなムダ毛の自己処理にともなうカミソリ負けの原因や対策についてシンプルにまとめてみました

 

カミソリ負けを予防したい人やサロン通いの前の自己処理を丁寧に行いたい人などは是非参考にしてみてください。

ムダ毛処理でカミソリ負けする理由

それでは早速ムダ毛処理でカミソリ負けしてしまう理由について解説していきたいと思います。

 

まずはカミソリ負けする理由についてチェックしていき、その後にじっくり対策を覚えていきましょう。

 

これから解説する原因の中には見落としているところもあるかもしれませんので、是非チェックしてみてくださいね。

重ね剃りは厳禁

カミソリ負けの原因として重ね剃りが挙げられます。

 

できるだけ綺麗にムダ毛を剃ろうとして念入りに「丁寧」に重ね剃りをする人は決して少なくないでしょう。

 

ですがそもそも重ね剃り自体がお肌に悪い行為で、皮膚の外側の角質が薄くなりバリア機能が低下することで肌トラブルや荒れの原因となってしまいます。

 

基本的に重ね剃りは2度までと意識するだけでもカミソリ負けを予防することに繋がりますので、できる限り重ね剃りは控えるようにしてみましょう。

お風呂でムダ毛処理はNG?

これは体質にもよるのですが、実はお風呂でのムダ毛の処理はあまり良くないのです。

 

なぜならお風呂で柔らかくなっているお肌は非常に繊細で、そんな中カミソリを使うと角質をごっそりと剥がしバリア機能が低下してしまうのです。

 

洗顔やお鼻の角質取りのために入浴時に肌ケアをするイメージがあり、ついついムダ毛の処理もお風呂でしようとする気持ちはわかるのですが、実はお風呂でのカミソリはお肌によろしく無いんですね。

 

ちなみに、どうしてもお部屋が汚れるのが嫌で浴室でムダ毛を処理するという場合は、入浴前の状態で処理をしてしまうのがオススメです。

 

その後はお肌のバリア機能が低下しているので、湯船に長く浸からずササッと上がるようにするのがベスト良いでしょう。

体調が良くないときはカミソリを使わない

最後に体調が良くないときにはカミソリを使わないというのも重要なポイント。

 

風邪はもちろん頭痛や生理痛などがあるときにはムダ毛処理は考えないほうが良いでしょう。

 

万が一、手元が狂ってしまったり普段よりも雑な処理になってしまい重ね剃りが必要になったり、ついつい力が入り深く剃ってしまう場合もありますからね。

 

そして忘れがちなことですが、体調が悪いときというのは免疫力も低下し肌のバリア機能も低下しています。

 

そんなときにムダ毛を処理しようものなら、様々な点で悪影響が出てくるのは当然のこと。

 

カミソリ負けだけではなく、もっと酷い肌トラブルになることさえあるので体調不良のときにはカミソリでも自己処理は控えておくのが無難でしょう。

カミソリ負けしないための対策はどうするべき

カミソリ負けしてしまう原因についていくつか解説してきましたが、次に大切なのが対策をどのようにするかと言うこと。

 

意外とシンプルな対策をするだけでカミソリ負けを防ぎ、また綺麗に自己処理をすることができるのでこの項目はしっかりとチェックしていきましょう!

シェービングクリームは必須

まず何より大切なのがシェービングクリーム、もしくはジェルを活用するということ。

 

たまに空剃りや水剃りをする人やお風呂で石鹸やボディソープを使ってササッと剃る人もいるようですが、とんでもありません。

 

ムダ毛を処理するためのシェービングクリームやジェルなどはお肌への負担を減らし、またお肌を保護する働きがあります

 

最近ではその後の保湿成分が若干配合されているようなものもあるぐらいです。

 

大切なお肌を保護しつつムダ毛を自己処理できるシェービングクリームやジェルはしっかりと活用するのが大前提だと覚えておきましょう。

ムダ毛の流れに沿って処理

たまに剃りやすいということで「逆剃り」をする人がいますが、あれ実はお肌に良くないのでやめておいたほうが良いです。

 

基本的に上から下へ(腕などは内側から外側へ)毛の流れに合わせてカミソリを使うのがベストな方法!

 

意外と順剃りというか、この基本的な剃り方ができていない人が多いので、カミソリ負けを防ぎつつ綺麗に自己処理をするためにもしっかりと行っていきましょう。

カミソリは清潔で新しいものを

最後にカミソリは清潔なもの、できれば新しいものを使うのが理想的です。

 

とは言え毎回新しいカミソリを使うのも金銭的に辛い、また物を大切にしたいという気持ちから難しい人もいることでしょう。

 

そんな場合は自分のムダ毛の濃さや量の場合には、このカミソリだと○回使うと切れ味・剃り味が悪くなるというのをメモしておきましょう。

 

何度も使っていると当然ですが切れ味は悪くなり、また清潔さも失われてくるものです。

 

あまり古く汚れたカミソリを使っているとお肌の炎症などの原因にもつながってしまいます。

 

また先程の解説したムダ毛の流れに沿って剃れない人は、もしかするとカミソリが古かったり安物だったりする可能性があります。

 

しっかりとシェービングクリームorジェルを使い、清潔で新しいカミソリを使えば逆剃りでなくとも綺麗に剃ることができます。

 

そして当然重ね剃りの必要もなく1回で綺麗に処理することができるようになります。
※たまに2回ぐらいは剃ることはあっても3度4度剃る必要はなくなりますね。

 

だからこそ同じカミソリをそれこそ数ヶ月も使うようなことはせず、できるだけ清潔かつ新しいものを使って自己処理をするクセをつけると良いかもしれませんね。
※ちなみに目安としては2週間ぐらい経ったらカミソリを新しいものに変える人が多いようです。

カミソリ負けして後悔した体験談

季節の変わり目だからでしょうか?

 

昨日、いつもどおり、足のむだ毛をカミソリでじょり〜っと剃ってたらなんか、両ひざの部分だけやけにカミソリ負けしてしまいましたorz
普段、めったにカミソリ負けなんてしないのに〜!?
(あるとすれば、厳寒期の超乾燥したときくらいですかね?)

 

なんかめっちゃ痛々しいんですけど…。
一応、顔用のローションとオイルを塗ってはみたんですけど、これってこういう処置でいいのかな〜。
あんまり治りが悪いようだったら、皮膚科とかに行ったほうがいいのかな?
皮膚科って別に美容系のとこじゃなくても、クリームとか、ローションとか処方してくれるんだってこないだ知ったしね…
(足の裏がひどくガサガサのトゲトゲになって、すわ水虫!?と思って行ったら、ただの乾燥でした)。

 

しばらくはむだ毛処理もナシですね…。
まあ、今年の秋はなんだか流行が膝下丈のスカートなんで、いくらでも隠し通せそうですけど。
内心、なんか超昔っぽいって思ってたりしたんだけどね。

 

何度もカミソリ負けして痛いし赤くなるし、しばらくするとポツポツが気になるしでサロン通いを決めました!

 

半分ヤケな感じもあったけど仙台はシースリーが無料カウンセリングが丁寧だと評判だったのでとりあえず試すことに。

 

一回目の予約を取る際に、必ず無料カウンセリングになりますが必要なことだとわかっているのでとりあえずカウンセリングから。

 

そんな無料カウンセリングでは、普段のむだ毛の自己処理の方法やかぶれたことがあるかどうかなど肌の基本的な事についてや、脱毛機器の説明などを含めて説明がありました。

 

その後は脱毛コースの説明などがあり「ふむふむ、思ったより安く通えるんだ〜!」と内心はシースリーに通う気持ちが固まりつつありました。

 

このタイミングで評判の悪いエステなどではガンガン勧誘があったり、一番安いコースを選ぶと態度が悪かったり、そんなイメージがありましたが、シースリーでは最初から最後までとっても丁寧に案内をしてくれてびっくりです(失礼)。

 

一旦帰ってから検討しようかと思ったけど安いし、その場で試してもらったパッチテストで思ったより全然痛みを感じないので安心して通えると思い、こちらからぜひと契約書を交わしてカウンセリングは終了しました。

 

次の予約もスムーズに取れたし、通いだして3度めぐらいから薄くなってきた感じが実感できたのでこのまま通い続けて自己処理が不要なツルツル肌を目指します!

 

仙台でも評判が良いシースリー仙台一番町店のキャンペーン詳細と口コミと体験談まとめで詳細な情報や口コミをチェック♪

関連ページ

抑毛クリームと除毛クリームってちがうのね
抑毛クリームと除毛クリームの違いについて解説していきます。脱毛サロンに通う前に抑毛や除毛効果のあるクリームを使うとうしている人もいるかもしれません。それらについて簡単にチェックしていきましょう。
剃った部分が濃くなってきた・・・
ムダ毛を剃ってしまい濃くなってきた人の体験談や口コミ、そしてなぜ濃く太くなってしまうのかその原因について解説していきます。
脱毛タオルが直ぐに使えなくなった
脱毛タオルがすぐに使えなくなってしまう口コミは意外と多いですよね。今回はサロン通いをせずに脱毛タオルを使おうとしている人へ口コミや評判、また使うべきかどうかの判断についてもお話していきます。